私自身が体調を崩した事を機に食に対しての意識が変わったことや、普段から何気無く食しているものは県産のものも多く、これらを支えている農業に方々に何かしらご支援がしたいという想いの元(平成25年に)資格を取得しました。

 

当事務所の近場である那珂川町や大野城、西側には糸島、東側だと福津や宗像、と多くの場所で農業を経営されている方が多くいます。そして福岡県では農業を始める方を対象に助成も行なっており、欠かせない産業となっているのではないでしょうか。 

農業経営アドバイザーとは

農業経営者に対する経営改善支援に必要なノウハウ を有する人材育成を通じ、農業経営の発展に寄与することが目的として平成17年に創設されました。

詳しくは以下のPDFファイルにも記載されています。平成30年8月版/半年ごとに更新

(参照:日本政策金融公庫 農業経営アドバイザーについて

農業経営者の方にお手伝いできる事

●農業法人の設立

会社法人や農業組合法人と様々な形態があります。設立までに時間はかかりますがその分、信用力の向上や税制面で優遇される等のメリットがあります。

 

●会計指導

日々の取引を入力する事で日々の損益及び財務内容を把握することができます。ドンブリ勘定だと資金繰りが把握できません。事前に先々の売上も予測し実績と比較できる体制となるようご支援します。また農業経営に特化した会計ソフトも2018年11月から新しくご案内しております。

(農業経営向けの会計ソフトに関してご興味のある方は、当事務所へお問合せください。)

​●資金繰り対策

開業前や開業後を問わず農機や材料の購入時は大きな出費ですよね。会計入力を行うことで先々の売上の予測が可能となります。又、税務申告の際に税理士事務所による書面添付を行うことで、申告書の信頼性の向上が図れます。信頼性を向上することにより金融機関からの融資だけでなく、優遇金利にて受けられる可能性があります。

所長の山岡は農業経営アドバイザーの資格を取得しています。
農地の生前贈与や相続対策、
農業経営者のための相続対策

未償却の農機や土地など、事前に対策できることを知っているか知らないかでは申告時の金額も異なってきます。また弁護士や司法書士との連携が必要な際でも、当事務所が連携している他士業もご紹介する事ができますので、その点はご安心ください。

 

他にも個々ご相談内容も異なると思いますので、記載されていない内容でも不明な点がありましたらお気軽にご連絡ください。現在の主な活動地域は、福岡市を中心に春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市、那珂川市などですが他地域の方でも一度ご相談ください。

© 2019 by Iwao Yamaoka Tax Accountant Office.